トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


西荻窪ラブで現在は沖縄県南城市暮らし。イラストレーター時川真一が、日々の出来事をつづります。妻のマーと2人で育児奮闘中。作品紹介はこちらにも http://tokikawa.exblog.jp 
by tokishin
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
富山さん、 すいま..
by tokishin at 06:47
やっとこさ90パーセント..
by tokishin at 08:22
体調も回復したようですね..
by 100kin at 18:28
ご無沙汰しております!!..
by tokishin at 13:05
saint-arrow-..
by tokishin at 16:04
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

不発弾がいっぱい。

 山口県は瀬戸内海沖に祝島という小さな島がある。
 最近本格的にやってみたいなぁと思っているアジ釣りほか、メバルやタイでも良い場所のようで、昨年末くらいから現地の事をちょこちょことネットで調べたりしていた。
 釣りの話もだが、同時にたくさん出てくるのが原発建設の問題だ。
 つい数日前には埋め立て工事の再開にからみ中国電力と島民や建設に反対する人たちとの衝突もありニュースとなっていた。

 Twitter上でも多くの人がこの問題を取り上げ、新聞やテレビでは報道されない情報もたくさん入ってきた。

 そんな中、このサイト『原発がどんなものか知ってほしい』を読み、あらためて原発の事を深く考えさせられた。

 原発が安全なわけないってことは僕だって知っている。
 「二酸化炭素を出さないクリーンでエコなエネルギーです」なんて広告がなされても「でも、放射能は出すでしょ。どこがクリーンやね〜ン!!」と心の中で突っ込みを入れていた。

 ただ、そこ止まり。

 原発による電力を日頃当たり前に受け入れている自分は、「ほんとはない方がいいのだけど」とは思いつつも、「なくせるもんじゃないよなぁ」とため息をつくだけなのであった。

 だが、こうした現場のことを生々しく知らされると胸が苦しくなる。
 定期検診を素人がやってるなんて記述にもゾッとさせられたけれど、内部で作業にあたる人の事を考えると、とにかくつらい。
 携帯で家族にメールを打つのも、ネットで買い物ができるのも、寝グセをドライヤーで直すのも、みーんなたくさんの方が、大事な健康と引き換えの危険な作業をしたことでできることなんですね。

 原発ってのは原子力発電所であって「電気を作るところ」なんだけど、火力や水力の発電所とは全然性格が違うもんだと思う。
 ノリとしては(なんか軽い言葉ですみません)
『核(原爆)の不発弾』みたいな存在だと思う。
 いつ、爆発するかわからない。
 大きな事故が起これば、被災状況は同等だ。

 そうした不発弾がこの日本にはあっちこっちに転がってる。
 そして、更に増やされようとしている。
 当然、大きい小さいにかかわらず、事故が起きる率はその分増していく。

 ほんとにそんなに必要なんだろうか。
 もう、いいんじゃないの。

 子持ちになった今、より強く感じるのは、
「未来よ、よきものであれ」
ということ。

 それに尽きるよね。

 原発計画を推進する立場の人も家族がいると思うのだけど、どうお考えなんだろう。
 自分の子どもも原発内部の現場作業に就かせたい! ってくらいの心意気でやってる?
 そんなことないでしょ。たぶん。

 自分たちの子どもがこれからも安心して楽しく、夢を持って生きていけるような未来を考えたら…、どうでしょ?
 もうこんな怖いもんに頼るのはよくないと思うし、できれば減らしてほしいし、なにか別のもの考えた方がいいと思うし。

 どうですか?

 


※追記
「地域振興策として効果大だから!」と言って財政難な地方に振るのも、原発推進のいやなところなんですよね。
なんかそれってメチャメチャ「人の弱みに付け込んで」的じゃないですか。


 かなりベタですが、祝島のことを考えていて久々に思い出した曲を。




参考

『中国電力株式会社』
 
『祝島島民の会blog』

by tokishin | 2011-02-26 00:24 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(4)
Commented by KAI at 2011-02-26 01:14 x
狭い日本の~サマタイブルース~!!!
懐かしいし、
賛同いたします!!
Commented by ぐじょはち at 2011-02-26 01:39 x
二酸化炭素を発電時に出さないだけで、
クリーンエネルギーなのか?
単純な言葉に惑わされないでほしいとこだよね!

とかく日本人は「反対派」を冷たい視線で見るけれど、
たまたま自分の住んでるところより遠い所の問題で、
地域エゴでは済まされない重い問題だよね。

反対も推進も色々な情報が簡単に手に入る時代だから、
双方の意見が何を言っているのか、どこに矛盾点があるのか、
しっかり見極めたいと思う。

Commented by 景州 at 2011-02-26 07:59 x
元公害病認定患者(今はいつのまにか難病という言葉に置き換わってる)の立場から言いますが、こういう言葉遊びは止まらないよ。
電気の恩恵は人並み以上に受けているし、電力を否定はしない。
でも電気だけに頼る生活になると、停電したらトイレも流せないしお湯も沸かせない。暖も採れず場合によれば閉じ込められる危険もある。それでいいの?と色んな人に問いたい。
電力に依存しない1日、どう過ごす?

有り難く使わせてもらっているけれど、他人の体を踏みつけながら自分が便利でありたいとは思わないです。
Commented by ときしん at 2011-02-26 12:10 x
KAIさん、
ぐじょはち、
景州さん、

最近は怒る事が嫌いで、なるだけ平穏な気持ちを心がけてるんですが、やっぱりおかしなことには煮え立ってしまいますね。

基本的に困った事だなと思うのは、原発とかの核施設を作る人たちが、危なくないわけないものを「安全だ。クリーンだ」と言い張ること。
つまりウソつきだということ。
また、そんな見え見えのウソをみんな受け入れて(というかスルーかな)しちゃうこと。

こんな事言ってると、電力会社のパンフとかの仕事は絶対来ないね〜(笑)。

<< 楽しい組み合わせ。 教育マンガ。 >>