トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


西荻窪ラブで現在は沖縄県南城市暮らし。イラストレーター時川真一が、日々の出来事をつづります。妻のマーと2人で育児奮闘中。作品紹介はこちらにも http://tokikawa.exblog.jp 
by tokishin
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
やっとこさ90パーセント..
by tokishin at 08:22
体調も回復したようですね..
by 100kin at 18:28
ご無沙汰しております!!..
by tokishin at 13:05
saint-arrow-..
by tokishin at 16:04
自分のブログで 野外講座..
by saint-arrow-mam at 12:55
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ワッサ ワッサ。

前の書き込みの続きです。

今回の1泊旅行で宿に選んだのは、

やんばるは大宜味村にある、



a0016090_09101986.jpg

「道の駅おおぎみ」からは、国道58号線を辺戸岬方面にちょこっと北上すると、すぐ右手に見えてきます。

a0016090_09120012.jpg
まずはチェックイン。

絵本もいっぱいあるから、
子どもはちょっと休んでてね〜。


a0016090_09133930.jpg

宿の後ろは亜熱帯の森。

道を挟んで、目の前が海です。

ひなたはさっそく宿にあった砂遊びセットを借りて出かけました。

15秒で到着(笑)!

a0016090_09133012.jpg

朝も遊びにいきました。

a0016090_09133363.jpg
とーちゃんの「誕生日ケーキ」なんだとか。

僕の誕生日は1月で、もうだいぶ前に終わってるけれど、

ありがとうね〜〜〜。



a0016090_09192862.jpg
部屋のある1階から階段を上がると、

広いルーフテラスがあります。

ここからの眺めが最高!

a0016090_09174737.jpg

サンセットディナーも楽しめます。

a0016090_09215274.jpg

夕食には、鮮魚のお任せコースをお願いしました。

那覇市で人気のワインバーを営まれていたオーナー溝川夫妻の作る料理ですが、
魚でも野菜でも、旬で新鮮な地物を使うことを心がけているそうです。
ピクルスやマグロのコンビーフなども、全て手作りとのこと。

魚大好きなとーちゃんですが、
オーナー自らセリで落とししてきたという、
オジサン(ヒゲがあるのでこう呼ばれます。たぶんマルクチヒメジ)とオニカマスの刺身に大感激。
なかなかこんなセレクトでのお刺身って食べられないですよ。
たまに僕もオジサンは釣りますが、
ヌボ〜〜っとした姿に似合わず、とても美味しい魚なんですよ。

WASSA WASSAで使われるものは、
神経締めというやり方でしっかりと処理された鮮魚なので
魚本来の旨味が殺されず、しっかりと伝わってきます。

溝川さんのお話では、沖縄の海人(漁師)の間では、魚を捕らえても、
あまり「締める」ということはされないのだそうです。
ただ氷につけるだけなので、せっかくの美味しさが失われてしまうのだとか。

沖縄の魚はあまり美味しくない、という人もたまにいますが、
実はそんなことないのですよ。
僕も自分で釣り上げた魚をときどき食べていますが、

美味しいですよ〜〜〜!!

そうそう、オジサンは刺身のあとで出てきた天ぷらも素晴らしかったです。


a0016090_09425703.jpg

アサヒガニのごはんも頂くことができました。
またまた感激!
とても珍しいカニなんですよ。

身もミソも合わせてまぜまぜしたごはんが、
甲羅の下に隠れています。

半分は、魚の出汁がとても効いたスープをかけてお茶漬けに!

a0016090_09424699.jpg
こちらは、朝ごはん。
やはりルーフテラスでいただきました。

前夜刺身で味わったオジサンの半身が、朝はバター焼きとなって登場です。
ああ、皮も旨い!

左上はもずく、紅いのはドラゴンフルーツ、右下の椀はゆし豆腐。

さわやかな風が吹き抜けていきます。

こんな上等な朝ご飯タイムったらないですよ!

a0016090_10055836.jpg
ひなたは宿の看板娘ICHIKAちゃんとも仲良しになり、
また来るねと再会を約束。

僕らも、「次回はじーじ、ばーばも一緒に泊まりにきたいね〜」なんて話をしながら
宿を去りました。

WASSA WASSA 溝川さん、

素敵な時間をありがとうございました!



おまけ
a0016090_10164625.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

1日限定2組の小さな宿。
行ったことはないけれど(笑)、
どこか東南アジアのリゾートにある、
隠れ家的宿みたいな雰囲気。

部屋は畳敷きにもしてもらえるので、
ベッドでゴロン、地べたにゴロンの両方ができますよ。
このへんがとてもうれしい心配り!

それから、洗濯機&乾燥機もあるので、
余計な着替えを持たなくても大丈夫ですよ。
子連れにはうれしいですよね。

露天風呂の湯船は2つあります。

ウミガメも産卵に来るという目の前のビーチは、ゴミもほとんどなく、とてもきれいでした。
シュノーケリングもできますよ。
(宿で道具のレンタルもあり。看板娘ICHIKAちゃんの特製水中ガイドマップもあります)








































by tokishin | 2016-04-28 10:25 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)
<< 娘の船釣り初体験。 お祝い旅行はやんばるで。 >>