トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


西荻窪ラブで現在は沖縄県南城市暮らし。イラストレーター時川真一が、日々の出来事をつづります。妻のマーと2人で育児奮闘中。作品紹介はこちらにも http://tokikawa.exblog.jp 
by tokishin
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
やっとこさ90パーセント..
by tokishin at 08:22
体調も回復したようですね..
by 100kin at 18:28
ご無沙汰しております!!..
by tokishin at 13:05
saint-arrow-..
by tokishin at 16:04
自分のブログで 野外講座..
by saint-arrow-mam at 12:55
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

こんなふうに描いています

今日は朝から先週の宮崎取材をイラストルポにまとめています。
僕のこうした作業ですが、いつも以下のように進めていますよ。
a0016090_18103451.jpg

まずは担当の編集さんに見せるラフ作り。
こんなふうに構成します、というのを確認してもらうわけですね。
取材してきた資料をもとに、鉛筆描きで(ちなみに三菱ユニの2B)まとめていきます。
読み手の目線の動きなど考えながら、見やすいようにレイアウトを決めていきます。
書き文字(イラストのまわりに手書きで入る文字)は別にパソコンでテキストに打ち、メールに添付して文字使い等チェックしてもらいます。
これができてしまえば作業の半分は済んだようなもの。
a0016090_18161187.jpg

編集さんのOKが出たらペン入れに入ります。
僕は昔ながらにペン先にインクをつけながら絵も文字も描いていきます。
メリハリをつけるため、絵の部分は太めの線で描きます。
また、このページの場合、右下の女性がながめている窓の外の景色は、遠近感を出すためそこだけ鉛筆(6B)で描いています。
ラフではアニメぽかった女性(実は編集さん)の表情は実際の顔に似せて修正しました。
あんまり変わってないかな〜!?
a0016090_18195463.jpg

ペン入れが終わったらもう一息。
あとは色塗りです。
ペン入れでかなりのエネルギーを使ってしまうので、たいていこの作業は一晩寝て、翌朝元気になった状態で開始します。
上に見えているコピックマーカーという画材を使います。
ペン入れした原画を、一度コンビニでコピーしたものに塗っていきます。
原画のインク線にそのまま塗ると線が溶け出してしまうので注意。
この作業中はまず電話に出ません。
とくに広い面を塗っているときに作業を中断すると、ムラになってしまうからです。

コピックで塗ったあと、一部色鉛筆やホワイトのペンでアクセントをつけ仕上げます。
白ケントの台紙に張り、トレーシングペーパーをかけ、最近はデータ入稿や宅配入稿も多いのですが、なるべく編集さんに手渡しします。
外に出ると気分転換になるし、たとえ1、2分であっても編集さんとの雑談が楽しいからです。
編集さんの反応もみたいですしね(笑)。
「わぁ、バッチリです。ありがとうございます!」なんて言われたら最高です。
イラストレーターをやっていてよかったなぁと実感するときですね。
このとき連載ものなら、なにか編集サイドでの要望がないか聞いておき、作品制作の参考にします。

てなわけで、こうしたことをもう12年もやっているのですなぁ。

※このイラストルポは、今月発売された「るるぶ情報版大宮浦和与野」に掲載されています。

by tokishin | 2007-10-18 18:52 | イラスト仕事の話 | Comments(2)
Commented by 三浦優 at 2007-10-26 00:08 x
はじめまして。

大宮るるぶで時真さんを知って、
こちらのHPを拝見した者です。

ぱっと見で目を引く、かわいい絵に惹かれました!
イラストルポもとてもわかりやすいし、
色も丁寧に描かれていて好感が持てました。

私も、
まだまだ駆け出しではありますが、イラストのお仕事をしています。

このお仕事の様子、わかりやすくて参考にさせていただきました。
これからもちょくちょく覗かせていただきます♪

突然のコメントで失礼しました!
Commented by tokishin at 2007-10-29 23:23
三浦さん、

はじめまして。
同業の方なのですね!
コメントどうもありがとうございます。

るるぶは再来月に出る宮崎版にも載りますので、是非御覧になって下さい。

これからもよろしくお願い致します!!

<< ニンニクの… あしかホテル喫茶室 >>