トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


西荻窪ラブで現在は沖縄県南城市暮らし。イラストレーター時川真一が、日々の出来事をつづります。妻のマーと2人で育児奮闘中。作品紹介はこちらにも http://tokikawa.exblog.jp 
by tokishin
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
富山さん、 すいま..
by tokishin at 06:47
やっとこさ90パーセント..
by tokishin at 08:22
体調も回復したようですね..
by 100kin at 18:28
ご無沙汰しております!!..
by tokishin at 13:05
saint-arrow-..
by tokishin at 16:04
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

座間味島ふたたび

a0016090_1037487.jpgちょっと遅めの夏休みで、昨年の11月にも出かけた座間味島を再訪してきました。
座間味島は沖縄本島から高速船に乗り、約1時間のところにある島。世界的にも有名なダイビングスポット・ケラマ諸島に属し、また、冬場は鯨の接岸があるため、ホエールウオッチングでも人気があります。

さて、今回僕ら夫婦が楽しみにしていたのはシュノーケリング。つまりは素潜り遊びですね。そこで昨年もお世話になった、素潜り名人のいるノンビリ宿に2泊し、思い切り座間味ブルーな海と魚を味わってきました。
a0016090_1047079.jpg宿の名は「久志」といいますが、島の中心地からは少し離れた「阿佐」という集落にあるため、観光地ノリは無し。とても静かに過ごすことが出来ます。明かりが少ないので夜は天の川もクッキリと見え、近くの浜を散歩していても、島の釣りおじさんに会うくらい。なんとも田舎に遊びに来たような気持ちにさせてくれます。a0016090_1056292.jpg集落内には売店どころか、自販機がひとつもないくらいの(久志の近くの民宿にあったけれども故障中。笑)のどかさなので、苦手な人にはもう、耐えられないようなところかもしれませんが、ボーッとしたい人には最高の場所であります。
僕らも滞在中は午後の2時くらいまで遊び、そのあとは畳の上でそよそよ風を感じながら夕方まで昼寝をし、夜は宿のおとうさんと夕日を観に行ったり、中心地まで送っていただき、夕御飯を食べる、なんてリズムの時間を過ごしました。

ではまあ、あとはいくつかの画像で今回の旅の雰囲気をお伝えすると致しましょう。
a0016090_1195156.jpg
座間味の顔といえば、この古座間味ビーチ。浮き輪プカプカの海水浴によし、端の岩場付近にはサンゴも多いので、シュノーケリングでの魚観察にもよし!の、浜です。
ごはんをいただける売店やトイレもあり、監視員もいる、しっかりとした海水浴場でもあるので、夏場はかなり混雑するそうですが、10月だとこんな感じでした。
a0016090_11175039.jpg
古座間味ビーチで潜ってみました。そこそこ人がいたので魚が散り気味のような気もしましたが、それでもたくさんの種類が出迎えてくれました。この画像の魚はちょっと地味目ですが、実際は色とりどりな魚でいっぱい! クマノミもかなりいます。イソギンチャクの中で、ユーラユーラしていましたよ。
a0016090_11213496.jpg
夜ご飯で入ったお店で、これは地魚盛り合わせ。マグロも生で美味しいし、ほかにはブダイやスギなど、どれもねっとりと旨味ジワジワ伝わる最高のひと皿でした。ブダイはシュノーケリングで潜るとウロウロしています。
a0016090_11244749.jpg
宿から1分のところにある港で迎えた朝日。船着き場のスロープは滑るので注意!杉並区から来て釣りをしていたある旅行者がスッテンコロリンしていました。間抜けですねぇ。
a0016090_11282312.jpg
古座間味ビーチも素晴らしいのですが、渡し船で5分のところにある無人島「安慶名敷(アゲナシク)島の海はさらにスゴかった! エントリーの波打ち際からすでにコバンアジの群れがお出迎え。種類は多いし、ウオッチングゾーンも水深2~3mくらいで広がっているので見やすいのです。キラキラと宝石のように舞うスズメダイの大群に囲まれたときは「これぞ竜宮城♪」という気分でした。
a0016090_11355512.jpg
水があると、どうしても釣りをせずにはいられない性分です。持病といってよいでしょう。安慶名敷島でもマーがビーチのパラソルの下で休憩中、僕は落ち着きなくチョイ投げです。食べごろサイズは出ませんでしたが、何匹かにお相手をしてもらえました。これはクロホシフエダイかな。あとはエソとか。

by tokishin | 2008-10-06 11:58 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(5)
Commented by すぴか at 2008-10-06 17:28 x
く〜、うらやましいのだ!なんてステキなとこなんでしょ!お魚も美味しそうだし。南国の魚の色はユニークですね。Tシャツとお揃いの黄色は偶然?
Commented by ときしん at 2008-10-06 21:30 x
すぴかさん、

座間味、いいところですよー。
ただ、沖縄方面に行くときって、台風がいつも心配なんですけどね。
Tシャツはもちろんコーディネートして…ではなくて、偶然です。
なんだかバッチリお揃いになってしまいましたね。
Commented by 外房のK at 2008-10-07 19:57 x
とてもリラックスされたようですね♪
このくらいのサイズでも釣れると面白そう(笑)
Commented by のぶ at 2008-10-07 20:22 x
北海道に続いて座間味島だなんて羨ましいです!
自分もいつかこんな綺麗な海で泳いでみたいな~♪
Commented by ときしん at 2008-10-07 21:43 x
外房のKさん、

パックロッドのチョイ投げなので、あまり大きいのがきちゃっても大変なんですよね(笑)。でも、いつかちゃんとした装備で、でかいの狙いに行きたいなぁ。

のぶさん、

沖縄方面は、海の色にまずやられちゃいますね。
でも、学生時代の夏休みに行った神津島(伊豆七島)の海も透明度高くてよかったですよ。
椎名誠の本を読んで、八丈島とかも行ったなぁ。
<< 杉並区の間抜け君、反省。 夏休みとネギ炒めの関係 >>