トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


西荻窪ラブで現在は沖縄県南城市暮らし。イラストレーター時川真一が、日々の出来事をつづります。妻のマーと2人で育児奮闘中。作品紹介はこちらにも http://tokikawa.exblog.jp 
by tokishin
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
富山さん、 すいま..
by tokishin at 06:47
やっとこさ90パーセント..
by tokishin at 08:22
体調も回復したようですね..
by 100kin at 18:28
ご無沙汰しております!!..
by tokishin at 13:05
saint-arrow-..
by tokishin at 16:04
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:旅、アウトドア、釣り( 275 )


ワッサ ワッサ。

前の書き込みの続きです。

今回の1泊旅行で宿に選んだのは、

やんばるは大宜味村にある、



a0016090_09101986.jpg

「道の駅おおぎみ」からは、国道58号線を辺戸岬方面にちょこっと北上すると、すぐ右手に見えてきます。

a0016090_09120012.jpg
まずはチェックイン。

絵本もいっぱいあるから、
子どもはちょっと休んでてね〜。


a0016090_09133930.jpg

宿の後ろは亜熱帯の森。

道を挟んで、目の前が海です。

ひなたはさっそく宿にあった砂遊びセットを借りて出かけました。

15秒で到着(笑)!

a0016090_09133012.jpg

朝も遊びにいきました。

a0016090_09133363.jpg
とーちゃんの「誕生日ケーキ」なんだとか。

僕の誕生日は1月で、もうだいぶ前に終わってるけれど、

ありがとうね〜〜〜。



a0016090_09192862.jpg
部屋のある1階から階段を上がると、

広いルーフテラスがあります。

ここからの眺めが最高!

a0016090_09174737.jpg

サンセットディナーも楽しめます。

a0016090_09215274.jpg

夕食には、鮮魚のお任せコースをお願いしました。

那覇市で人気のワインバーを営まれていたオーナー溝川夫妻の作る料理ですが、
魚でも野菜でも、旬で新鮮な地物を使うことを心がけているそうです。
ピクルスやマグロのコンビーフなども、全て手作りとのこと。

魚大好きなとーちゃんですが、
オーナー自らセリで落とししてきたという、
オジサン(ヒゲがあるのでこう呼ばれます。たぶんマルクチヒメジ)とオニカマスの刺身に大感激。
なかなかこんなセレクトでのお刺身って食べられないですよ。
たまに僕もオジサンは釣りますが、
ヌボ〜〜っとした姿に似合わず、とても美味しい魚なんですよ。

WASSA WASSAで使われるものは、
神経締めというやり方でしっかりと処理された鮮魚なので
魚本来の旨味が殺されず、しっかりと伝わってきます。

溝川さんのお話では、沖縄の海人(漁師)の間では、魚を捕らえても、
あまり「締める」ということはされないのだそうです。
ただ氷につけるだけなので、せっかくの美味しさが失われてしまうのだとか。

沖縄の魚はあまり美味しくない、という人もたまにいますが、
実はそんなことないのですよ。
僕も自分で釣り上げた魚をときどき食べていますが、

美味しいですよ〜〜〜!!

そうそう、オジサンは刺身のあとで出てきた天ぷらも素晴らしかったです。


a0016090_09425703.jpg

アサヒガニのごはんも頂くことができました。
またまた感激!
とても珍しいカニなんですよ。

身もミソも合わせてまぜまぜしたごはんが、
甲羅の下に隠れています。

半分は、魚の出汁がとても効いたスープをかけてお茶漬けに!

a0016090_09424699.jpg
こちらは、朝ごはん。
やはりルーフテラスでいただきました。

前夜刺身で味わったオジサンの半身が、朝はバター焼きとなって登場です。
ああ、皮も旨い!

左上はもずく、紅いのはドラゴンフルーツ、右下の椀はゆし豆腐。

さわやかな風が吹き抜けていきます。

こんな上等な朝ご飯タイムったらないですよ!

a0016090_10055836.jpg
ひなたは宿の看板娘ICHIKAちゃんとも仲良しになり、
また来るねと再会を約束。

僕らも、「次回はじーじ、ばーばも一緒に泊まりにきたいね〜」なんて話をしながら
宿を去りました。

WASSA WASSA 溝川さん、

素敵な時間をありがとうございました!



おまけ
a0016090_10164625.jpg
(画像をクリックすると拡大します)

1日限定2組の小さな宿。
行ったことはないけれど(笑)、
どこか東南アジアのリゾートにある、
隠れ家的宿みたいな雰囲気。

部屋は畳敷きにもしてもらえるので、
ベッドでゴロン、地べたにゴロンの両方ができますよ。
このへんがとてもうれしい心配り!

それから、洗濯機&乾燥機もあるので、
余計な着替えを持たなくても大丈夫ですよ。
子連れにはうれしいですよね。

露天風呂の湯船は2つあります。

ウミガメも産卵に来るという目の前のビーチは、ゴミもほとんどなく、とてもきれいでした。
シュノーケリングもできますよ。
(宿で道具のレンタルもあり。看板娘ICHIKAちゃんの特製水中ガイドマップもあります)








































by tokishin | 2016-04-28 10:25 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

久米島ウマウマ家族旅行♪

3月29日から31日まで、妻マーのご両親の来沖にあわせ、
久米島まで家族旅行に出かけました。

久米島と言われても「どこ?」という方も多いかもしれませんね。

僕らの住む沖縄本島からは西に100キロほどの位置にある離島で、
船なら3時間、飛行機ですと30分ほどでアクセスできます。

a0016090_21033126.jpg
29日の午後、那覇空港で山梨から義父母を迎え、
ひと休みした後、18時10分発のJTAに乗り島を目指しました。
定員は40名ほどのなんとも可愛らしいプロペラ小型機でしたよ。


2泊3日の宿泊はイーフビーチホテルでした。

a0016090_21141443.jpg
イーフとは、
久米島の古い方言で『砂の溜まる所』や『白い砂』という意味だそうです

a0016090_21184379.jpg

ホテルの目の前にはその名の通り、白い砂の浜が広がっていて、
朝風呂の後の散歩がとても気持ちよかったです。

a0016090_21080930.jpg
初日は宿についてすぐに休んでしまいましたので、
観光は2日目の30日から。。。

朝食ビュッフェを堪能したのち、
まずは橋で渡れる「奥武島」にある、天然記念物の『畳石』を見学。
亀の甲羅の模様のような岩が広がっておりました。
およそ600万年前に噴火した溶岩が冷える際にこのような形になったそうですが、見事にきれいな形になるものですね。
雪の結晶もそうですが、自然の造型ってスゴイ、というか不思議!

a0016090_21241999.jpg
2番目に向かったのは
「熱帯魚の家」と名付けられた
潮だまりポイント。
トロピカルフィッシュがたくさんいるようですよ。

a0016090_21253437.jpg
そこそこの数の魚が見られました。

「ふっふっふ」
でも、うちの近所の海岸の方がいっぱいいるなぁと、
心の中で時川家。

ここが「家」なら、「マンション」くらいの数が潜むポイントがあるんですよ♪

a0016090_21293034.jpg

ところで、こうした海観察、海の景色観光のときには
「偏光グラス」というものがあるとより楽しめますよ。
僕は釣りをするのでいつも持ち歩いているのですが、
水中の様子がとてもよく見えるんです。
『魔法の眼鏡だ〜〜!!』
娘ひなたも大はしゃぎ。

a0016090_21320610.jpg

魚観察の後は、
お腹もすいたので
『三坊』という久米島そば屋さんへ。
僕はアーサと卵入りのそば、妻のマーは野菜そば、義父はカツカレーを注文。


a0016090_21320926.jpg

ひなたと義母は焼きそばです。

お店のそばは海洋深層水を使った自家製麺なのだそうですが、
幅広目で、ふだん本島内で食べる沖縄そばの麺よりも(もちろんすべて食べたわけではありませんが)やや柔らかに感じました。
その柔らかさはグズグズというのではなく、非常にやさしくて、気持ちのいい食感でしたよ。
アーサそばはスープの味わいも素晴らしく、すべて飲み干してしまったくらいです。

先に言ってしまうと、
今回は「食に大満足の旅」でした。

ホテルでの朝ご飯もですが、この「三坊」でのお昼ごはん、
それからその後で食べた料理のすべてが美味しかったのですから。

a0016090_22152536.jpg

夕ご飯は、
久米島在住の釣り仲間オススメの「南島食楽園」というお店で。

オーマチ(上画像。標準和名アオチビキ)とセーイカ(ソデイカ)の刺身に、
久米島赤鶏のから揚げ、

a0016090_22152811.jpg
それに、こちらの島ダコチャーハンや、

a0016090_22153048.jpg

特製チーズコロッケ、

a0016090_22153259.jpg

名物のクルマエビなどをいただきました。
この塩焼きですが、頭から丸ごといただけます。
旨味の固まりですね!!

ただ、注意しないと足やヒゲを舌や歯茎に刺してしまいますのでご用心。
僕は思い切り刺しました(笑)。


そんな痛い思いもしましたが、

満足、いえ、大満足!!の夜となりました。

お店を教えて下さったぼびぃさん、ありがとうございました!!

次の久米島旅の際にも、また寄りたいお店です。

a0016090_22334463.jpg

2泊3日の久米島旅最終日は、
前日ののぞけなかった観光スポットをサラリとチェック。
周囲48キロと小さな島なので、のんびり回っても余裕です。
上は「ミーフガー」と呼ばれる巨大な岸壁。
釣り好きなトキシンとーさんはこの岸壁よりも、その脇の
「釣れそうな岩場」の方に目がいってしょうがありませんでした。

a0016090_22395054.jpg

石積みがしっかりと残っていたのは

a0016090_22395220.jpg

具志川城跡。
ミーフガーのすぐそばです。
修復中で一部ブルーシートがかぶされておりました。


a0016090_22435323.jpg

「五枝の松」と呼ばれる、
地面を這うように伸びた立派な枝ぶりの巨大松も見事でした。
樹齢250年余という、琉球松だそうです。

沖縄本島ではあまり見かけない松の木ですが、
久米島では街路樹や防風林でふつうに松が見かけられました。

本島とはちょっとしか離れていないのですが、
植生の違いがとても印象的でした。


ほかには

「おばけ坂」という、上り坂のように見えて下り坂といった目の錯覚を感じる坂や、
海を広く見渡せる「比屋定バンタ」という海抜200メートルの景勝地をのぞいたり、

a0016090_22545552.jpg

白瀬川でちょい川遊び。

a0016090_23063954.jpg
でも、ひなたはじーじ、ばーばと遊んだ駐車場そばの広い公園がいちばん楽しかったみたいです(笑)。
「どこそこに行ったぞ〜」なんていうことよりも、
小さな子どもにとっては
遊具で遊んでいる時間の方がずっと価値があるみたいですね。


さて、とてもとても美味しかった久米島ですが、

a0016090_23105910.jpg
ラストメニューは
お昼ごはんに食べた『やんー小(やんぐわぁー)』での、
「ピリ辛味噌もやしそば」でした。

豚肉とともにシャキシャキに炒められた久米島産のもやしが、
た〜〜〜っぷりとのせられた久米島そばです。

そうそう、味噌も久米島の名物のひとつですね。

ピリ辛味のもとである、ラー油も島内産と、
地モノでがっちりとまとめられた逸品メニューでした。

ノーマルの島味噌そばをマーが食べており、
そちらもあっさりとした中にしっかりとしたコクを感じる極旨なスープでしたが、
ラー油が入るとさらに力のこもった堪えられない味わいとなっていました。

いやぁ、久米島グルメのレベルは高いですね!
ホテルのごはんに、食堂、居酒屋と、滞在中に食べたメニューすべてに満足なんて旅はなかなかないですよ。
たまたま巡り合わせがよかっただけなのかな!?

そんな感じで2泊3日の間中、
ずっと舌とお腹はニコニコ。
滞在中は天気もまずまずで、みんな楽しく過ごせた久米島旅でした。

31日夕方に那覇に到着のあとは、
本島では老舗ステーキチェーン店のSAM'S (バイ ザ シー那覇店)に寄って夕ごはん。

a0016090_23384421.jpg

こちらも満足な味とサービスでした。
(上はサーロインとハンバーグのセット)


a0016090_23495002.jpg
明けて本日、義父母とお別れ。
チョットだけ泣いてしまったひなたです。


また楽しいプランを考えておこうね。
もっと暖かな時期に、
今回は行けなかった「はての浜」(久米島の人気ビーチスポット)で
泳いだり釣りしたりってのもいいかもね!





























































by tokishin | 2016-04-01 23:59 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

スカンセンで、たてもの巡り。

昨年の6月に家族で出かけたスウェーデン旅のヒトコマを描いてみました。

ストックホルムには、
スカンセンという、とて〜〜も古い野外博物館があるのですが、

その中には動物園のほか、古い建築物を移築した場があります。

都内で言えば、小金井市にある
「江戸東京たてもの園」をちょっとスケールアップしたような感じ!?


a0016090_21584396.jpg
※画像をクリックすると大きくなります。
(主線:コピックマルチライナー 着色:コピックマーカー 紙:マルマン スケッチブック)




絵では3つしか入りませんでしたが…、

160余りの建物を見ることができます。

a0016090_20560573.jpg
いや〜〜、楽しい楽しい。

まるで絵本の世界に入り込んだようでした。
木々の緑と、建物の色合いが実にマッチしていますよね。

a0016090_20562514.jpg
こちらは、たしか北部のサーメ族の住居か倉庫だったと思います。
(うろ覚えですみません!)


a0016090_20564614.jpg

当時の服装をしたガイドさんが英語でも解説してくれます。
スゴクきれいな人でしたので(笑)、
写真を撮らせてもらいました。


●スウェーデン旅のことは、
ときどき思い出しては描いていきたいと思っています。


a0016090_21594960.jpg

おまけ。
スカンセンの長〜〜〜〜〜いベンチ。







by tokishin | 2016-02-15 21:59 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

タコとり。

沖縄に住みついて、来年で5年目突入となりますが、

いつもの月イチ東京出張
(あ、僕が講師を担当するイラスト講座がめでたく新期開講となりました。みなさんよろしくお願いします!!)
から戻っての
連休最終日は12日。

初めてタコを捕りました!

タコといっても、本土でおなじみの「マダコ」ではなく、

もっと小型のもので「ウデナガカクレダコ」という名のタコ。

こちら沖縄では、

『シガヤー』と呼ばれます。

いまくらいの時期から冬にかけてが、

ちょうどこのタコ穫りの「旬」なんですよ。



a0016090_05554225.jpg
そのシガヤーは、
こんなところに潜んでいます。
潮が引いて、
海の浅くなったタイミングに立ち込み、
「釣り」で捕らえます。

a0016090_05583053.jpg
今回はこちら左上の師匠と、その仲間たちとともに

シガリング!
(シガヤー釣りのこと。笑)


シガヤー釣りには沖縄独特の伝統漁法があるのですが、
(貝殻を結びつけたロープをたぐり寄せてシガヤーを誘う)



●シガヤー釣りの沖縄伝統釣法については、
こちらの雑誌(←クリック)に
僕が記事を書いています。
よかったらご覧下さいね!


a0016090_06342440.jpeg


この日の僕らは、
地元の釣りファンから教えていただいた、
リール竿に、エギ(餌木)という、
これまた日本古来から疑似餌をセットして
シガヤーが潜んでいそうなあたりに投げては引っ張ってくる、を
繰り返して誘う釣り方で狙ってみました。
(ネオ☆シガヤー釣法!?)

a0016090_06334171.jpeg

エギは着水して沈めたのち、
ソロリソロソロ、ソソソソのソ、といった感じのリズムで
ゆっくりめに引っ張ってきます。


※照り返しが強いので、帽子に長袖、サンマスク(ほっかむり)、
それからシガヤーをつかむための手袋と完全装備で挑みます!
a0016090_06381600.jpg
ところで、ふだんの釣りでは釣りメーカーのグローブを使っていますが、
ぬるぬるシガヤー向けにはコチラを用意しました!
カインズホームで買った園芸用カスタム(笑)。
手首まで隠れる優れものです。
女子風に語るなら、
うっかりリング状にできちゃう手首の日焼けもこれなら防げますね。

指先2本だけ切って、糸結びなどの作業しやすくしてあります
(って、か、カスタムはそれだけかい!)。



a0016090_06122285.jpg
ちなみに水の中はこんな様子です。
岩や藻の陰に、
シガヤーは隠れていますよ〜。


水深は30センチ前後ってとこかな。


エギを投げ、引っ張ってくると、
興味を示したシガヤーが現れ、ス〜〜っと追いかけてきます。

まるで「干潟のゴースト」って感じです!




a0016090_08070984.jpeg

タイミングを見計らって
引っ張るのをとめると、
シガヤーが抱きつくんです。

a0016090_08083270.jpeg


a0016090_06433210.jpg
釣れました!!


師匠、ありがとうございます!!


a0016090_06450933.jpg
2時間ほどの短い時間でしたが、
3回エギをつかませて、
1キャッチ。

a0016090_07330805.jpeg

足元まで引き寄せたものの、つかみ損ねて
岩野アナに入られ&落っことして逃げられたのが2回でした(げげげ)。
慣れないと、この取り込みの時が難しいですね。

でも、コツは何となくわかったので、
次回に生かしたいと思います!!

a0016090_06510705.jpg
師匠も釣られておりましたよ〜。

※師匠のブログはコチラ(←クリック)!!

a0016090_06533952.jpeg

ところで、このシガヤーは、
刺身の他、タコ焼きやパスタ等にも美味しいと教えてもらいました。
チヂミも最高らしいので、試してみたいと思います。

※シガヤーは冷凍すると柔らかくなるというので、
ただいま一時冷凍中〜〜〜♪

a0016090_07053795.jpg

使った道具たち。
右上は、海苔の箱をから作ったシガヤー入れの魚籠。
こちらは雑誌記事取材でお世話になった、
もう一人のシガヤー釣りの師匠からいただいたものです。
右下は偏光グラス(パズデザインのアストロ-15)。
これをかけると、水の中がよーく見えるんです。
竿はいろいろと愛用中の5.6フィートの短いもの
(ツララのポルタメント170)。
シガヤーがヒットしたエギは、
ヤマシタのナオリーRH 1.8号のオレンジでした。

おやつも忘れずにね。


































by tokishin | 2015-10-14 22:26 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

今日は釣りデート。

娘と2人で釣りデートに行って参りました。

詳しくは、
こちらの釣りブログ(←クリック!)をご覧下さい。

a0016090_23064566.jpg



by tokishin | 2015-09-06 23:08 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

ヒトデハンター!

本日の娘・ひなたは

ヒトデハンター!!

a0016090_21094731.jpg
バシャバシャバシャ。



a0016090_21065820.jpg
今日の相手はキミたちではないのだ。。。。

a0016090_21105211.jpg
発見!!

a0016090_21111594.jpg
4匹で勘弁してあげよう。

a0016090_21120384.jpg

カニはとーちゃんが見つけました。
たぶん、スベスベマンジュウガニ。


a0016090_21132673.jpg

薄曇りでしたが
暑かったです。












by tokishin | 2015-08-02 21:16 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

スウェーデンみやげ☆その1

この前のスウェーデン旅ですが、
チョコチョコと絵も描いてお見せしていきたいと思います。



a0016090_13024062.jpg

おみやげもいろいろと買いました(拾いました)。

a0016090_13034649.jpg
魚のコンソメキューブって初めて見ました。
他の国でもあるのかな。
(画像をクリックすると、大きくして見られます)

a0016090_13073209.jpg
爆食怪獣ひなた。
帰国したら、少し顔が丸くなっていましたよ。

旅の途中で覚えたスウェーデン語は、

タック(ありがとう)と
アップレ(りんご)。


さ〜〜て、沖縄にはただいま台風9号が接近中です。









by tokishin | 2015-07-07 13:12 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

スウェーデンより、無事戻りました。

スウェーデン旅から、

おかげさまで無事に戻ることができました。

旅の写真もいっぱいあって、

このあと、記事にするネタまとめも考えなければならなくて…。

でも、せっかくなので、

何となくこの旅の雰囲気が伝わるような画像をいくつかお見せしましょう。

この旅の細かなことは、改めて形にするつもりなので、

そのときまで、どうぞお楽しみに。


a0016090_20514150.jpg


a0016090_21395033.jpg


a0016090_20544510.jpg


a0016090_20554921.jpg


a0016090_2056509.jpg


a0016090_20571126.jpg


a0016090_2151579.jpg


a0016090_2145158.jpg


a0016090_2173487.jpg


a0016090_21161354.jpg


a0016090_21224890.jpg


a0016090_21242047.jpg


by tokishin | 2015-06-28 21:40 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(2)

釣って、潜って。

だいぶ遅れている今年の沖縄地方の梅雨入り(例年だとGW開けくらいから)ですが、

ようやく今週半ばくらいから突入のようです。

しばらくはドンヨリ〜ヌな天候となりそうなので、

予報で「晴れ」マークがしっかりとついた昨日の日曜日は、

海を思い切り楽しんできました。

お弁当におにぎりを握って、マグロカツを速攻で作ってゴ〜〜!!
ポリポリ用のキュウリスティックも忘れずにね!



a0016090_662995.jpg
まずは釣りです。
さかなが見たいと網を持ってきた娘ひなたですが、釣りの方が手っ取り早く魚が捕まえられますよ。
魚肉ソーセージをエサに、チョチョイのポン!

a0016090_67136.jpg
アワせる(ハリ掛かりさせる)タイミングは僕が手伝いましたが、
ダイソーの100円サングラスでキメたひなたに、白いのが釣れました!
※スズメダイの仲間!?



a0016090_68795.jpg
「私もやりたい」とマーかあさんも参戦。
でも、残念ながら釣れず…。

a0016090_683569.jpg
きれいなウミウシも必死に応援してくれたんですがねぇ(笑)。

a0016090_6124342.jpg
釣りに飽きたところで海に入ってみました。

昨日は大潮。
ちょうど干潮時であったのでドン引きしてだいぶ浅くなっていました。
インリーフ(サンゴ礁内)は大人なら歩いて動けるくらいでちょっと物足りなさを感じますが、
小さな子を遊ばせるには天然のこどもプール状態でちょうどいいカンジです。

a0016090_6162618.jpg
箱眼鏡を持ってチャプチャプ。
こんな岸寄りでも、岩陰をのぞくとトロピカルな小魚たちがウロウロしているのが見えます。

a0016090_619787.jpg
この画像も、膝くらいの水深の所なんですよ。



a0016090_620884.jpg
「浦島太郎の亀作戦」で少し沖へ(といっても、足が立つ深さ)。

a0016090_6214390.jpg
さらにいろんな魚たちがのぞけました。

a0016090_6231413.jpg
こんな面白い形をしたサンゴも。。。


梅雨明けしたら、

また行きましょうね。

by tokishin | 2015-05-18 06:33 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(0)

GWはやんばるへ。その1

5月3、4日と、1泊2日でやんばる(本島北部)まで家族旅行に出かけました。

a0016090_8145386.jpg
まずは朝ご飯を名護のA&Wで。
モーニングのハムサンドにつけたドリンクは、やっぱりルートビア ♪

a0016090_74130100.jpg
続いてお昼ごはんは、大宜味村にある前田食堂で「島豚そば」(これは小サイズ)をいただきました。

前田食堂というと、メガ盛りの「牛肉そば」で有名なお店ですが、
僕ら家族のオススメというかお気に入りはこちらです。
丁寧に下ごしらえされた島豚肉がたっぷりと載せられ、
薬味にはネギとショウガというシンプルな構成。
しっかりとしたスープが見事に絡みます。

a0016090_7473315.jpg
今回の旅行でのいちばんの楽しみは、
この宿に宿泊することでした。
やんばるの奥の奥、「奥」という集落にある
『空の間 INDIGO』という、1日2組限定のゲストハウスです。

ゲストハウスといってもドミトリースタイルではなく、

a0016090_8173255.jpg

女性オーナーさん手作りの独立した棟で、休むことができます。

数多くの植物が植えられた庭も素敵でした。
バックにはヤンバルクイナやアカショウビンなどの鳴き声が響き渡ります。

a0016090_8185165.jpg
ベットも手作りなんですね。
ふかふかできもちよかったー。
※スヌーピーは娘の私物です(笑)。

a0016090_7543672.jpg
敷地すぐ裏には小さなビーチがありました。
曇っていて水もちょっと冷たかったのですが、たまらず娘は飛び込んでいましたよ(あ、僕も。笑)。


a0016090_7553452.jpg
ハンモックもありました。

そのとなりには、絵本がいっぱいのアトリエ棟も。


a0016090_759947.jpg
食事は野菜中心のメニュー構成。
マーかあさんが感激していましたが、女性好みな雰囲気の内容でした。

時川家はふだんから肉ドカドカというより、魚や野菜たっぷりの食卓なので、
こうした食事はとてもウレシイ!
予約の時は、素泊まりにしようか食事つきにしようか迷いましたが、
食事つきにして大正解でした!

ちなみに朝はホットサンドでした。


●この旅行のことは、あとで絵にもまとめますね。

では、


つづく。

by tokishin | 2015-05-05 08:29 | 旅、アウトドア、釣り | Comments(8)