トキシンのイラストレーター的“沖縄”生活


西荻窪ラブで現在は沖縄県南城市暮らし。イラストレーター時川真一が、日々の出来事をつづります。妻のマーと2人で育児奮闘中。作品紹介はこちらにも http://tokikawa.exblog.jp 
by tokishin
カテゴリ
以前の記事
リンク
フォロー中のブログ
最新のコメント
富山さん、 すいま..
by tokishin at 06:47
やっとこさ90パーセント..
by tokishin at 08:22
体調も回復したようですね..
by 100kin at 18:28
ご無沙汰しております!!..
by tokishin at 13:05
saint-arrow-..
by tokishin at 16:04
ライフログ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 05月 ( 27 )   > この月の画像一覧


“アベックラーメン”作ってみました

シトシトと雨降る土曜日。
低気圧のせいか、回復中であるはずの足もなんだか今日は痛みます。

午前中、マーは7月に行なう結婚式(身内だけのごくごく小さなものだけど)の招待状をパソコンで作り、僕は文庫本のイラストラフを進めました。

今週から、しっかりと仕事にも復帰しています。
退院後、連載も含む新しい仕事の話も何件か入ってきたりと、ちょっと慌ただしくもなってきました。
むむむ…、さっさと治さないとね。

ところで、3月に買っておいたものの、ストックしたままになっていた“アベックラーメン”ですが、今日のランチで試食してみましたよ。

でも、試食なんていっても、ホントは他に食べるものがなかっただけ。
雨だし、外食も面倒だなぁ〜なんて思っていたところ、思い出したのでした。

冷蔵庫にあった野菜は、タマネギとミョウガ、それからネギのはしっこ(>_<)。
タンパク質はというと…おお、チクワがあった!! 

このあり合わせの材料を具に、ラーメンともチャンポンともつかないようなヌードルメニューを仕上げてみました。

てっぺんにのせたのは、おとといの静岡取材の際にお土産で買った駿河湾産天然干し桜えび。
もともとこのラーメンのスープが、日清カップヌードルのシーフード味っぽい感じなので、チクワもこの桜えびもマッチです。
タマネギの甘みもジワリとスープに溶け込み、やさしく麺にからんでくれました。
昨日から東京はなんだか肌寒いけれど(こたつに入りたいくらいだ!)、はぁ〜、あったまった!

もう少しすると梅雨入り。
またあるであろう今日みたいな雨でちょっと寒い日に備え、あらためてストックしておくとよさそうです。
うん、僕好みのあっさり味で美味しかったですよ♪
a0016090_16112867.jpg

チクワ、沈んでます。。。

by tokishin | 2008-05-31 16:47 | ごはん、おやつ(東京時代) | Comments(3)

マルトマ食堂

ふと、以前(5〜7年くらい前)北海道をツーリングした時のことを思い出し、そのときに必ず寄っていた店をネットで検索してみた。
おお、今も健在。
しかもホームページまであるとは。

マルトマ食堂
苫小牧の港にあるこのお店は、ホッキ貝が売り。
あの頃に比べるとちょっと値上げしたようだけど、ホッキ飯とかホッキチャーハンとか、旨いんだ。
苫小牧からフェリーで大洗まで戻る際、ツーリングの閉めで食べていったっけ。

苫小牧出張などある方は、是非チェックされてみて下さいね。

by tokishin | 2008-05-30 22:36 | ごはん、おやつ(東京時代) | Comments(0)

ダンチュウ取材

a0016090_7425449.jpg昨日はダンチュウの取材で、早朝出発、雨降る東名高速を静岡県方面へ(Y.Y氏、サポートどうもありがとう!!!)。

夜帰ってきてメールチェックなどしていたのですが、ちょっとベッドにごろんしてたら、そのまま寝てしまいました。
ブログ、書き忘れてゴメンナサイ(笑)。
やっぱり松葉杖での取材だと、いつもよりヘンな体力使っちゃいますね〜。

画像は今回のテーマとは直接関係ないのですが、お昼ごはんにいただいたものです。
美味しかったなぁ。
羊、大好き。

7月頭の発売号に、僕のイラストルポは掲載されます。

お楽しみに。

by tokishin | 2008-05-30 08:04 | イラスト仕事の話 | Comments(6)

ごはんの記録

今年の3月1日の引越し以来、マメに続けていることがあります。
それが、自炊ごはん&弁当(おやつ含む)日記。

今の時代、パソコンにつけておけばよいものの、わざわざプリントアウトし、カッターで切ってのりを付け、大学ノートに貼り、内容のメモをチマチマと記入しています。

1年やり続けたら、それはそれは、見返して楽しいものになるのではないかと…。
(え、怪しい人ですか!?)

以前は毎週末ごとに釣りに出かけていたので、その頃はやはり写真を撮り、無印良品のノートに貼り、釣った尾数や場所などのデータやその日の感想など書き込んでいました。
'95年から5年くらい続けていたなぁ。
今、見返すと、髪型がヘンテコだったりして笑えます。

基本的に僕は、こういうことが好きな動物のようですね。

さてさて、明日は退院後初の取材仕事。
朝6時出発で静岡行き。
松葉杖姿で頑張ってきます〜。
a0016090_1648325.jpg


by tokishin | 2008-05-28 16:56 | ごはん、おやつ(東京時代) | Comments(2)

うさぎやのどら焼き

今日は午後から文庫本イラストの打ち合わせ。
「足が不自由でしょうから伺いますよ」と、編集の方がわざわざ自宅までいらして下さったのですが、おみやげに、画像のようなものまでいただいてしまいました。

た、た、食べたかったんです、これ(涙)!

阿佐ヶ谷は「うさぎや」さんのどら焼き。
どうです、このふくよかさ!
やさしくきめ細かな皮に包まれた、ほどよい甘さのタップリあんこ。

ま、ま、ま、ま、ま、満足です!!
a0016090_22154095.jpg


by tokishin | 2008-05-27 22:17 | グッズ&オススメ | Comments(2)

お知らせと訂正(グッズ&個展)

a0016090_2117385.jpgまずはグッズのお知らせ。
長いおつきあいになる香川は「黒鱒屋」さんから、ステッカーがリリースされました。
左の画像が元絵です。
ガレージパンクなイメージで、ちょっとホラーっぽく&こってりと描いてみました。
「Bucket Mouth」とは、バケツのようなでかい口をしたお魚ちゃんを指しますが、そんな名前のバンドがあったら、こんなステッカー作っちゃうかな、みたいなノリのデザインなのですね(笑)。
こちらで通販、あるいは店頭購入できますので、どうぞよろしく!

さて、もうひとつのお知らせ(訂正)です。
足の手術なんてアクシデントがありましたが、夏の個展は予定通り行います!
日程だけ、以前発表していたものから1日ずらせていただきました。
8月27日の水曜日スタートです。
こちらの、会場となるGARANさんのサイトも御覧下さい。

西荻窪のギャラリーということで、西荻窪ネタを中心に構成しますが、二部屋あるので、描き下ろし他、「翼の王国」や「るるぶ」さんとかでの原画も加え、「最新の時川真一」を見てもらえるようまとめてみたいと思います。
なんて、かっこいいこと書いてますが、実際はまだなにも考えていませ〜ん(笑)。

a0016090_21425567.jpg

上のような、ブログで載せている西荻ネタ作品の原画も額装して並べます。
彩色原画のさらに元の線画は、こんなに小さいんですよ。
拡大して線を強く見せたいので、わざと小さめに描いているのですね。

さぁ、こうやって告知したからには、いい展示にしないとなぁ。
開催の頃には、足も復活して元気になっているはずですので、みなさん、是非遊びにいらして下さいね。

by tokishin | 2008-05-26 22:00 | イラスト仕事の話 | Comments(2)

回復へ

a0016090_16215347.jpg今朝起きたらマイ右足くん、昨日に比べだいぶ膝が曲がるようになっていた。
退院してから6日。
昨日までは60度くらいまでがやっとだったけど、今日は80度くらいまではOKの急展開。
まだまだ筋肉の突っ張り感やむくみはあるけれど、徐々に回復してきているようだ。
生きているのだなぁ。
体の中で、細胞が一生懸命元に戻ろうと頑張っているのだな。
がんばれ、がんばれ、そして早く釣りに行こうぜ。

by tokishin | 2008-05-25 16:31 | Comments(0)

雨の晩は食事会

a0016090_235276.jpg今晩は、久しぶりに自宅にて食事会。
僕と、嫁のマーで、それぞれの友人を招き、4人でテーブルを囲みながら、ゆるゆる週末の晩ごはんを楽しんだ。

メインは我が家の定番パーティー料理「アジのなめろう」に「タイのイエローカレー」。
プラス、マー作の水菜とモッツァレッラチーズのサラダ、きゅうりスティック、デザートにバナナ&ヨーグルトなど。
きゅうりは、先日山で採ってきたサンショウの葉を刻んで、みそ、みりんと混ぜた山椒味噌をつけいただいた。
そうそう、手作りコシアブラ佃煮の差し入れ(友人のぐじょはちより)もThanks!でした。
炊きたてごはんに最高。
a0016090_23133198.jpg
足をかばいながらの料理というのは、なかなかやりにくく、ちょっとイラついたりもしたけど、それでも人が遊びにくるのだと思うと張り切ってしまうのだった。

あ、Tさん、飛騨のお菓子「かたりべ」はあのあとお茶といただきました。

はぁ…、お腹いっぱい。

しとしと雨の今晩は、もう少し夜更かししよう。

by tokishin | 2008-05-24 23:28 | ごはん、おやつ(東京時代) | Comments(4)

餃子Day

リハビリがてら、今日は料理系の仕事で、餃子の試作。

スタンダードな豚肉、キャベツ、ニラとかの餡ではない、でも、ちゃんと餃子として味わえる、あまり遊びすぎていないものをいくつか考えた。
イメージの時点では旨いのでは!と思ったものでも、実際に作ってみるとあまりお美味しくなく、ボツにするものも出てくる。
フライパンで焼いてはテーブルで試食の繰り返し。
う〜、もう餃子はお腹いっぱい。

今晩はさっぱりと蕎麦でも食いたい。
a0016090_1832351.jpg

↑破れてる〜、焦げてる〜なんてのは、目ぇつぶってね。

by tokishin | 2008-05-23 18:33 | ごはん、おやつ(東京時代) | Comments(0)

病院読書生活

今日は午前中、抜糸のため病院へ。
退院後、初の外出。
今までは気にしたこともなかったが、駅のエレベーターはありがたいね。
膝が曲がらない症状は、術時に太ももの筋肉をどけた際に痛めていることが原因だそうで、むくみとともに、時間が解決してくれるらしい。

ところで、入院中はすることもないので、こんな本たちを読んでいた。
まさに乱読、という感じの顔ぶれだけど。
a0016090_1561665.jpg

左上より時計回りに「東方見便録」(斉藤政喜、内澤旬子共著、文春文庫)、「新宿二丁目のほがらかな人々」(角川書店)、「山を上るイワナ」(村田久、つり人社)、「人生ピロピロ」(さとなお、角川文庫)、「やった。」(坂本達、幻冬舎文庫)、「ドナウの旅人(上)」(宮本輝、新潮文庫)、「コーヒーハンター」(川島良彰、平凡社)。
他に、それぞれ最新号で、雑誌「ダンチュウ」(フライ特集)、「ビーパル」(屋久島特集なんだもの)。

「東方見便録」は、アジア諸国のトイレ事情を、ビーパルなどでおなじみのシェルパ斉藤氏の文と、「世界屠畜紀行」の内澤旬子氏による繊細でユーモラスなイラストでレポートされた400ページ超えの力作本。
現在絶版らしいので、見つけたら迷わず買った方がいい(僕は地元の古本屋さんで購入)。
朝食を食べたあとトイレに持ち込み、2~3エピソードごと、ちびりちびりと読むのがいい感じかなぁと。
それにしても、よくこれだけの取材をしたものだよなぁ。。。

「やった。」は、数年前に新聞でニュースにもなっていたけど、4年3ケ月の有給休暇を使い、自転車で世界一周した、ミキハウスの男性社員による紀行エッセイ。
この手の本は好きだ。
怖い系(赤痢やコレラなど)の病気やアクシデント度の高い、アフリカ、南米、東南アジアをメインとした構成で、ヨーロッパ編は書かれていなかったのが残念だったが、体の動かない入院時には刺激的で楽しい一冊だった。
こうした本を読んでいていつも思うのは、なんて日本はこんな異常なまでに安全で豊かなんだろうということ。
感謝して生きないとなぁ。

「ドナウの旅人」は嫁のマーに借りた。
面白いのだけど、ずっと本棚にしまわれていたせいかほこりっぽく、読んでいると鼻や喉がムズムズしてくるので100ページほどでリタイヤ。
このあとはマスクを買ってきて読み直す予定。

「コーヒーハンター」は、幻のコーヒー品種ブルボン・ポワントゥの復活劇と、熱きコーヒーハンター川島氏の物語。
人の運命、人生とはなんてこうも面白いのだろうと感じる一冊だ。
自分が好きなモノに対し、ありったけの情熱でぶつかり、時に大きな危険や危機に出くわしながらもくぐり抜け、切り開いていく川島氏の、映画のようにドラマチックな生き様が、単純な言葉だけどスゴイ。
最高品質のコーヒー豆のように、この人の人生はギッシリと中身がつまり、深いコクと旨味、それに良質の酸味と苦みにあふれているように思えた。

by tokishin | 2008-05-22 16:04 | グッズ&オススメ | Comments(4)